RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
b-mobile3G
Advanced/zero3[es]やWILLCOM03を放り出して夢中なのがNokiaのE71。
通信出来なきゃただの板・・・というわけでSIMを挿しているわけですが、使っているのはドコモでもソフトバンクでもなく日本通信のb-mobile3G。(イーモバイルが出てこないのは使っている周波数帯が1.7GHzを使っていてE71が対応していないため)

ソフトバンクだとごにょごにょするとE71でも定額で使えるらしいのですが、少し使っただけで上限額に達してしまうため、トータルで考えると日本通信の方が通信費を安く抑えられるだろうと思いb-mobile3Gを選択してみました。(面倒な手続きもないですし)

ということで今回はb-mobile3GをE71で使おうというお話。
実はつい最近まで、b-mobile3Gの対応OSはwindowsだけだったのですが、手動設定することによってmacでも使えるよう、設定方法が日本通信のホームページで公開されたため、今回はそれを利用したものです。
詳しくはこちら。(pdfで開きます)

以上です・・・というのではあんまりなので続きます。
待ち受けの画面>Menu>Tools>Settings>Connection>Access pointsから設定

Connection nameは適当に
access point name:dm.jplat.net
user name:bmobile@l3.jplat.net
password:bmobile






他はデフォルトのまま(だったはず)

さらにwebアクセラレータ機能を使いたい場合は
同じAccess pointsの画面から
左キー(options)押下>Advanced settingsの画面に移行



Proxy server address:mao.bmobile.ne.jp
Proxy port number:32080
(自分は使ってませんが)
これで設定完了です。

た・だ・し!
このままでは接続時間が後どのくらいなのかが分からないため*1
ここでユーザー登録しておくとweb上で簡単に調べられて便利です。*2


*1:付属のUSB端末にSIMを戻して確認する方法もあります(面倒ですが)
*2:b-mobile3Gで接続している場合のみしか接続情報を確認することは出来ません
author:hitokara, category:モバイル, 01:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 01:08
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://mitegu.jugem.jp/trackback/9