RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
Everun NoteはVAIO type Pの夢を見るか?
type Pが発売されて日が立ち、オーナーメイドで購入された方はそろそろお手元に届くころでしょうか?

自分はワイヤレスWANモデルが早く選択出来るようにならないかなぁとsonysyleを凝視する今日この頃です(笑)。

そ・こ・で

自分にはEverun Noteがあるじゃないか!ということでワイヤレスWAN化、しちゃいました。

ただこの改造欠点もあります。今回の改造ではもともと内蔵無線LAN、bluetoothに使われていたアンテナをワイヤレスWANに流用するのですが、そのアンテナが一本しかないため、内蔵の無線LANおよびbluetoothの感度が著しく悪くなってしまいます。その点に注意が必要です。アンテナがもう一本用意出来ればいいのですが・・・σ(^_^;)

それでは実際の方法です。

まずはEU870Dというmini PCI EXPRESSカードを用意します。今回はpocketgamesさんを利用させてもらいました。他にもベストカカクコムさんでモデルが違いますがEU850Dというのが購入可能なようです。違いはどうやらカード側にSIMカードが挿せるスロットがついているかいないか程度のようです。Everun NoteはSIMスロットがもともとついているのでEU870Dが使用可能です。(EU870Dリンク:pocketgamesさん EU850D:ベストカカクコムさん




まずは裏のカバーを開けます。




開けたのがこれ。

細い灰色の線がアンテナ線です。これをマイナスドライバーなどで先に外しておきます。

EU870Dを挿したのがこれ。



アンテナを挿すところが2つあるんですがとりあえず上に挿してみました。下でも動作するのかは試してないです><。

ここまでやっといて基板を止めるネジを持ってないことに気づくΣ( ̄□ ̄

でも大丈夫!!!

カバーに段差がついていて閉めればなんとかなるようです。σ(^_^;)

後は付属のCDからドライバ&ソフトをインストール、接続の設定をして完了です。

b-mobile3Gの設定はE71の設定を流用で問題なく接続出来ました。

USBの通信モジュールがなくてもネットにつながるというのはかなり便利ですよ。
author:hitokara, category:モバイル, 23:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:06
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://mitegu.jugem.jp/trackback/40