RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
蒟蒻畑製造中止に思うこと
1歳9ヶ月の男児死亡事故を受けて蒟蒻畑が製造中止になってしまいました。

以下敬称略
マンナンライフ、こんにゃく入りゼリー「蒟蒻畑」の製造中止を決定、製造再開は未定(gigazine)

蒟蒻畑はなぜ発売を中止しないの?(教えてgoo)

蒟蒻畑は「こんにゃくゼリー」じゃない(ぜろだまBlog)

ネットでも「販売中止にした方がいい」、「子供に与えてしまう保護者が悪い」、「のどに詰まらせやすい食べ物は他にもあるのに」等、さまざまな意見があるようです。

自分は製造中止には反対意見なのですが、ここでちょっと視点を変えてこの事件を見てみます。

マンナンライフの商品ラインナップを見ると、大きく分けてポーションタイプとクラッシュタイプがあることが分かります。

今回製造中止になったのはポーションタイプですから、商品のほとんどをマンナンライフは販売出来なくなったことになります。

ということは会社の売り上げが減少することは目に見えています。この状況が長く続けば会社がつぶれる可能性もあるでしょう。その際の補償は?この会社で働く人たちのことを考えると、安易に製造中止を決定していないだろうかと不安になります。

マンナンライフ1社に責任を押しつけたまま、この事件も風化してしまうのでしょうか?

亡くなられた男児のご家族にも、この会社で働く従業員の方々にも納得のいく結論が出せればいいのですが・・・。
author:hitokara, category:その他, 02:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 02:03
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://mitegu.jugem.jp/trackback/14